リワークセンター

リワークセンターとは

リワーク

うつ病やうつ状態、神経症などによって休職中の方への職場復帰を支援するためのデイケアセンターです。ルーセントジェイズクリニックの主要な施設として、2007年2月に開設しました。現在、社会の産業構造は急激に変化し、短い期間に新しい展開を繰り返し、目の前の業務の内容、手順、人間関係だけでも大きく変化しています。その変化は複雑化する方向にあり、単に元気になったから職場復帰するという精神医療のあり方に疑問が呈されるようになりました。なぜならば、復帰後まもなく再発・再燃する方々が増えてきたからです。リワークセンターはそのような社会状況によるニーズに応じて開設されました。

当リワークセンターでは、医師(主治医・リワークセンター管理医)、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、心理専門職(臨床心理士)がチームを組んでいます。ご本人とともに職場復帰準備性の確立を確認し、より安全な職場復帰を模索します。

スタッフの役割

スタッフの役割 ネットワーク

リワークスタッフ

毎日記録していただく「生活リズム表」などを元に、現在のリズムを確認、復帰後のリズムに調整していくお手伝いをさせていただきます。また、様々なプログラムを通し、ご本人の癖などについても確認します。

  • 看護師
    体調確認
  • 作業療法士
    作業能力の確認、オフィスワークの設定
  • 精神保健福祉士
    福祉制度の説明
  • 心理専門職(臨床心理士)
    心理検査の施行

リワークセンター管理医

定期的にお会いし、現在の状態、目的、復帰のために必要なこと、復帰後の再発のきっかけとなるようなご本人の癖、今できることなどを確認します。

スタッフの役割 集合写真

スタッフの勉強会

〜リワークの質の向上を目指して〜

意見交換するミーティングをはじめ、顧問の先生を招いての症例検討会など、さまざまな場を通じてリワークの質の向上を目指しています。

スタッフの勉強会01

スタッフの勉強会02

スタッフの勉強会03

スタッフの勉強会04